初期症状の内に対処するのが大切|老眼のチェック項目とは

  1. ホーム
  2. 誰でも起こる可能性がある

誰でも起こる可能性がある

目元

意外に簡単に調べられる

老眼とは、目の調節機能が衰えることで起こる症状です。老眼になることによって、今まで問題なく見ることができた近くのものが見えにくくなったり、目が疲れやすくなります。最近では、スマホの普及によって若くてもスマホ老眼と呼ばれる症状を発症している人もいるようです。この老眼になっているかのチェック方法はとても簡単です。近くのものが見える距離によってチェックすることができます。基準となる距離が30センチで、この距離以上離さないと見えない場合には老眼となっている可能性が高いことになります。老眼チェックをして老眼の可能性がある場合の改善方法として、老眼鏡の利用、手術を受ける、目のストレッチ、食生活の改善、サプリの利用があります。目のストレッチでは人差し指に3秒程度ピントを合わせたのち、2〜3メートル先のものを見るストレッチがおすすめです。このストレッチを毎日10回程度繰り返すことで、衰えた調節機能の改善効果が期待できます。症状が改善させる効果が期待できるサプリも多く販売されています。このサプリの口コミでは「1週間程度で効果を実感した」、「目が疲れにくくなった」といった声があります。その他にも「近くのものがストレスを感じることなく見えるようになった」などの声もあり、この症状で悩む人に人気があります。老眼は誰でも起こる症状の一つですが、日頃のケアによって進行を遅らせることも可能です。チェックをして老眼の可能性がある人は、自分に合った方法で早めに対策をしましょう。