初期症状の内に対処するのが大切|老眼のチェック項目とは

  1. ホーム
  2. 目の老化は予防対策が重要

目の老化は予防対策が重要

眼鏡

早めの対策が重要なわけ

老眼は目の老化が原因で始まるもので、40歳以上の方ならだれでも感じる症状です。しかし、日ごろから眼精疲労を感じていると、老眼になっていても気づくのが遅くなりがちです。自分が眼精疲労なのか老眼なのか知りたいときは、老眼チェックをすれば判断できます。チェックは、文字の見えづらさを問うものが多くなっており、いくつか当てはまるようなら老眼の可能性があります。そのチェック項目とは、小さな文字が見えづらい、小さな文字や数字を見間違える、スマホの文字が見えづらいなどがあります。また、小さな文字は遠ざけた方が見えやすい、手元の文字を見ると目が疲れる、頭痛や肩こりがあるといったものもあります。特に、頭痛や肩こりにチェックが入る方は、痛みを我慢していると食欲不振、吐き気などの症状を引き起こす場合もあります。老眼は40歳ごろから始まると分かっているので、40歳前後からいくつかの予防対策を行うと効果があります。まず、目に良いものを食べて体の中から老眼を予防します。かぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜や豚肉、フルーツには、目に良い栄養がたくさん含まれています。これらの食べ物を偏らないように食べることが大切です。また、現在の視力合った老眼鏡をかければ眼精疲労を予防できます。強い紫外線を長時間浴びると目の老化を早めることが分かっていますので、UVカット効果がある眼鏡を使用しましょう。40歳ごろからこまめに老眼チェックをしていれば、早めに予防対策を行うことができ症状の悪化を防止します。